雑記日記

保温・保冷におすすめ蓋つき【サーモス】真空断熱マグカップ JDG-350

サーモス真空断熱マグカップ 黒と白

マグカップが欲しかった。

ただのマグカップじゃなくて、保温・保冷がいいもの。

自分は一気に飲む派ではなく、ゆっくりと飲む派なので、

出来るだけ「長く温かく!」、出来るだけ「長く冷たく!」っていうことで「保温保冷性能が良い」という点は必須ポイント!!

まぁ無いよりはあった方がいいかな~程度ですが、

ホコリを防げる「蓋」がついてた方が便利なのかな~と思い、その2点に絞って探してみました。

フーライの勝手なイメージで保温保冷といえばサーモスだろ!ということで、メーカーはサーモス一択。

サーモス1択の理由

サーモス株式会社は、ステンレス製魔法瓶等の家庭用品の製造・販売を行う企業で、サーモス (THERMOS) は同社が製造・販売する魔法瓶の商標名である。

2015年現在、世界最大の販売量、生産量(6,000万本)である。

引用元:Wikipedia

ただメーカーをサーモスに決めてはみたものの、

サーモスのマグカップで検索するとスゴイたくさんでてきます。

種類がありすぎて悩みまくりましたが、悩んだ結果フーライの心をくすぐるような商品、サーモス 真空断熱マグカップ JDG-350C BKを発見しました。

では購入レビューしていきたいと思いますので、誰かの参考になれば幸いです~。

スポンサーリンク

サーモス真空断熱マグカップ JDG-350

サーモス真空断熱マグカップ2

購入したのは、サーモス 真空断熱マグカップ JDG-350C BKです。

ステンレス魔法びん構造なので、冷たさ・温かさ長持ち。

結露しにくい。

丸みを帯びた口当たりの良い飲み口。

ホコリを防ぎ保温に効果的なフタ。

仕様

サイズ約 幅8cm×奥行11cm×高さ10cm
容量350ml
重量200g
保温効力67℃以上(1時間)
保冷効力8℃以下(1時間)

※保温効力とは、室温20℃±2℃において製品に熱湯を口元から1cm下の位置まで満たし、湯温が95℃±1℃のときからフタを付けて1時間放置した場合におけるその湯の温度です。

同梱品

サーモス真空断熱マグカップ 付属品

マグカップ本体と一緒にフタ・取扱説明書が入っていました。

本体はこんな感じ

◇正面

サーモス真空断熱マグカップ

イッツシンプル!サーモスロゴ以外の柄は無しです。

◇背面

サーモス真空断熱マグカップ 背面

◇底面

サーモス真空断熱マグカップ 裏

◇中

サーモス真空断熱マグカップ 中

フタはこんな感じ

◇表

サーモス真空断熱マグカップ フタ

素材はポリプロピレンです。フタにもサーモスのロゴ。

◇裏

サーモス真空断熱マグカップ フタ

オススメなところ

350mlのサイズがいい

コーヒーメーカーの1杯分はだいたい150㏄ぐらいかなと思うので、このマグカップを使うと5分目ぐらいで少なく感じますが、

キッチンでコーヒーを入れて仕事机に移動するときでもこぼれる心配がありません。

夏にアイスコーヒーを飲むときは、氷をたくさん入れて使いたいときでも350mlはピッタリな感じ。

取っ手付きなところがいい

フーライが持ってるサーモスは基本的に取っ手がついてない、直に持つタイプばかりだったので、

取っ手付きが新鮮かつ、なんかオシャレに飲んでますよ感がアップ。

取っ手の部分は細くもなく太くもなく、持ちやすいです。

口当たりが優しい

サーモスの飲み口部分って種類によって結構違うの知ってます?

フーライが持ってる8種類の中に飲み口が鋭角?表現が難しくてなんていえばいいかわかりませんが、唇に触れた感覚が苦手な真空断熱タンブラーがあるんですが、

フーライ的には口当たり優しく飲みたいので、先端?唇にあたる部分が薄すぎない。丸みがあるものを選びました。

洗いやすい

食洗機不可なのが残念ポイント!(涙)

手洗い必須なんですが、飲み口が大きくてカップの底まで洗いやすいので許容の範囲内。

フタがあるので、ホコリが入るのを防いでくれる

フタって案外重要かも。

フタをしておけば、集中して作業しているときや、他の作業しているとき等、保温保冷効果があるのは当たり前なんですが、

飲み物を結構な時間を放置しておくと少し気になるのが「ホコリ」

ホコリ入ってんじゃないかと一度思ってしまうと、どうあがいてもイチかバチか飲んでみよう!というよりも、飲みきらないまま捨ててしまうこともシバシバあったのですが、

フタがついているお陰で全く気にならなくなりました。

ただし、フタとマグカップ別々なので洗ったり保管したりというのは若干手間が増えます。

結露しにくい

氷を入れた冷たい飲み物を放置してても結露してません。

マグカップを持ち上げた時に「水滴が垂れてこない」のと「下部が水で汚れる」ことが無いので快適です。

珪藻土コースターの出番が無くなりました。

ここが残念

保温性能がまぁまぁ

これは、仕様の※印にあるような使い方をしていないので仕方ないのですが、保温性能がまぁまぁです。

ただ、陶器のマグカップと比べると十分な保温力です。

蓋が完全密封ではない

フタは乗せるだけのフタです。

完全密封ではないので、倒れたらドバッとこぼれます。

ただ、寸胴型で安定した形なので、

よほどのことがない限り、倒すことは無いかなぁと思います。

蓋に水滴がつく

サーモス真空断熱マグカップ ホットコーヒー

この写真は、

ホットコーヒーを入れてフタをして時間が経った後に、フタを外した状態を写真にとったんですが、

フタを外すと水滴がメッチャついてます。

フタに水滴がつくのは当然なんですが、外し方によっては水滴が垂れちゃうので、会社等で使う場合は重要な書類を近くに置いちゃうと危険度が上がるので注意が必要ですよ~。

スポンサーリンク

ペアで揃えるならホワイトも魅力的

サーモス真空断熱マグカップJDG-350には、

「ブラック」、「ホワイト」、「ステンレス」の三種類があるんです。

ステンレスもナカナカ素敵!

でも黒を買うことを決めてるので、一緒に買うとなると白一択。

だって、ブラック&ホワイト!

なんて鉄板カラーでしょう。

というわけで、白色のサーモスの写真はこちら。

サーモス真空断熱マグカップ
サーモス真空断熱マグカップ 白 文字

サーモス 真空断熱マグカップ JDG-350C WHの仕様などはブラックとほぼ同じです~。

サーモスのロゴは写真ではわかりにくいかもしれませんが、

実は「キラッ」としたシルバー感があってオシャレですよ♪

究極の選択 4種類で悩む

冒頭にもチラッと記載しましたが、サーモスのマグカップにはたくさんの種類があります。

今回フーライが悩んだ商品も併せてご紹介させて頂きます。

「フタがある」、「持ち手がある」、「保温保冷に対応している」中で悩んでいたのがこの三種類です。

「サーモス 保温マグカップ 240ml エスプレッソ JDC-241 ESP」

ちなみにこれは240mlですが、350mlを選ぶことも出来ます。

ステンレス魔法びん構造で、飲み頃温度が長持ち。

結露しない、外側が熱くならない。

本体は食器洗浄機で使用可。(フタ・ホルダーは不可)

◇気になったところ

唇にあたるところが薄く、口当たりが悪そう。

洗うとき、ホルダーと本体を外す一手間が面倒そう・・・ただ、ホルダーが汚れてなければ、本体だけ洗えばいいかなというのは良さそう。

「サーモス 真空断熱マグ 280ml JCP-280C」

ステンレス魔法びん構造なので、高い保温・保冷力。

結露しない。

フラップつきの飲み口なので、ホコリを防ぎ保温にも効果的。

「サーモス 真空断熱マグ 270ml JCV-270」

ステンレス魔法びん構造で、高い保温・保冷力。

結露しない。

広めのフラップつきの飲み口なので、ホコリを防ぎ保温にも効果的。

持ちやすくソフトなハンドル。

◇気になったところ(JCP-280、JCV-270)

フタにフラップ、パッキンがついてる分洗いにくそう。パッキンやフタに匂いが移りそうなところが心配。

究極の選択の最大の決め手はコレだ!

この4種類で悩んだ結果

なぜ「サーモス真空断熱マグカップ JDG-350」にしたのかというと・・・

「見た目」&「洗いやすさ」で決めました!

写真を見てもらえば分かると思いますが、ブラック&ホワイトの見た目が格好良くもあり、可愛くもある。

そして洗いやすさは結構大事なポイントなんですよね~。

ネックの一つであげてありますが、食洗機対応不可の製品なので手洗いが必須。

そうなると長すぎたり(500ml以上)、飲み口が広くて底に行くほど狭くなる物だと、手洗いが結構面倒くさくなるので最重要ポイントにしました~。

まとめ

サーモス真空断熱マグカップ 黒 白

サーモス 真空断熱マグカップ JDG-350C BK

サーモス 真空断熱マグカップ JDG-350C WH

の購入レビューでした。

良い点・残念な点も色々ありましたが、

購入してからはホボ毎日、このカップばっかり使ってます。

自分用にも最高の1品ですが、プレゼント用にもできる素敵な一品だと思います。

気になる相手や会社の同僚、大切な人へのプレゼント用にも超お勧めですよ~♪

季節を問わず使えて、家庭用に、会社用にそしてギフトにもおすすめのマグカップでした。

誰かの参考になれば幸いです~。

スポンサーリンク

余談

ブラックカラー、ホワイトカラーを同時にAmazonで注文したんです。

そしたら、ブラックは人気がありすぎて、なんと1ヵ月待ち。。。

まぁスグ使いたいわけでもないし、いつか届くならまぁいいだろうという広い心でポチリました。

ホワイトに関しては在庫があるみたいで即出荷可能。ブラックが届くまではホワイトでやり過ごそうと思いポチリました。

・・・。

???。

ホワイトが届かないだと。即出荷可能ならば1週間以内は確実だろうと思ってましたが、なぜか届かない。

あぁ~。なるほど。

まとめて届けるを選択(何度も受け取りするのが面倒なのもあり)したから、一緒に来るんだ。

納得。まぁ家にカップはたくさんあるんだ。広い心で待とうじゃないか。

・・・。

で、そろそろ1ヵ月。もちろんのごとく突然メールが届きます。

「明日届きます」通知が。キターーーーーーーー。

ついに来ました。待ちにまったお洒落なマグカップが我が家に到着するぜ!白と黒どっちから使うか悩ましいぜ!!

???あれ???奇妙な文言が。

Amazonからの内容

「ご注文いただいた商品を少しでも早くお届けするため本日一部発送しました」

ピンポーン「お届けにあがりました~」

ブラックカラーだけ先に届いたー(笑)

いやいやいや!在庫ありの方は!?!?

と思ったけど、まぁ人気のカラーの方を確実に先に届けてやろうというAmazon様の優しい心に感謝かな。

「ありがとうAmazon、さすがやね」の気持ちで笑顔で商品を受け取りました。

その数日後、在庫ありの即出荷可能だったホワイトカラーを受け取りました・・・。(結局在庫有商品を1ヵ月1週間後にGET)

在庫ありと在庫なしを同時注文する場合、別々にポチッた方がいい場合があるってことを学びました。

まぁ無事にGETできたので良かったです♪ということがありましたっていうお話でした~。

おすすめのツボ押しグッズあります

珪藻土バスマットかなりオススメです

『鬼滅の刃』おすすめアニメです