フリーセレクト

フーライ超おすすめ漫画セレクション【神漫画・普通漫画 面白ければ全て良し☆】

おすすめ漫画コレクション アイキャッチ

みなさんは漫画読んでますか?フーライは漫画が大好きです。
漫画は本当に素晴らしい。

2019年も残りあと少し!

2020年も漫画を読んで人生を豊かにしよ~。

子供の頃に読んだ漫画は人生に影響を与えているかもしれないし。大人になってから読み直すと違った感動が得られる。

昔は読む漫画を絵で決めたり、ストーリーで決めたりと先入観ありきで読む漫画を決めてましたね。

一時期はジャンプ・サンデー・マガジン・ガンガン・リボン等々の雑誌も手当たり次第に読んでたり。

雑誌で読んだものを単行本で買って集めたりも。

今では、スマホやタブレットで読めるようになったので集めるということは少なくなりましたけど、いつでもどこでも読めるお手軽感はイイですね♪

最近では、とりあえず興味が湧いた1巻は読むようにチャレンジしてます。

このページでは、フーライが読んで面白かったおすすめ漫画を紹介させて頂きます☆

おもしろい漫画ランキングに必ず入るものから、少し変わったものまで、素敵な漫画がたくさんありますよ~♪

チョコチョコ増やして行くので要チェックやでー。

スポンサーリンク

目次

YAIBA(ヤイバ)
<完結済>

作者:青山剛昌

掲載誌:週刊少年サンデー

連載開始:1988年~

作者は名探偵コナンを書いている青山剛昌さん。かなり長いこと連載している名探偵コナンが代表作と思うかもしれませんが、世の中に認知されたのはこの作品だと思います。

王道のバトル漫画。主人公の武器は剣。

雷神剣・風神剣・龍神剣・覇王剣といったワクワクするようなネームがでてきます。

主人公が色々な必殺技を覚え成長しながら、強敵・宿敵を倒していき仲間と共に日本を守る!

ライ
ライ
剣や刀が好きなら今すぐワクワクを体験してみよ~♪

ドラゴンボール
<完結済>

作者:鳥山明

ドラゴンボール(1)
created by Rinker

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:1984年~

知らない人はいないのではと思えるぐらい認知度の高い漫画ですね。アニメにゲームに映画、そしてハリウッド化も・・・漫画の可能性は無限大!と言っても過言ではないぐらいの漫画。おすすめ漫画を紹介する上で外せない作品だと思います。

バトルシーンの描写は素晴らしいの一言です。

主人公が子供から大人へ成長していき、最終的には結婚して子供も世界を救うことになるなんて、どんだけスケールがでかい漫画やねんと思いました。漫画の中の時間がこれほど進んでいく漫画もそうそうないのではないのでしょうか。

あとは、言わずもがな各魅力的なキャラクターもさながら、マネしたくなるような必殺技も素敵ですね。

主人公の孫悟空だけでなく、ライバルのベジータ。親友のクリリン。頑張れヤムチャ。ピッコロさんと孫悟飯の愛情にも似た師弟愛。

何度でも読み返したくなるような素晴らしい作品ですね。

フー
フー
一度は界王拳や舞空術を使ってみたかったですね~。

うしおととら
<完結済>

作者:藤田和日郎

うしおととら(1)
created by Rinker

掲載誌:週刊少年サンデー

連載開始:1990年~

蒼月潮(あおつきうしお)という少年と妖怪とらの友情?を軸にしたダークファンタジー?の作品。

主人公の「うしお」という名前も格好いいし、作中にでてくる本作最大の主要武器「獣の槍」も格好いい。カムイコタンという言葉もこの漫画で知りました。

友情?という表現にしたのは、常に喧嘩してます。うしおととらは常に喧嘩をしながら成長していきます。喧嘩する程仲がいいの鑑ですね。

ダークファンタジー?という表現にしたのは、結構な感じで妖怪がでてきます。夢にでてくるぐらいのかなりクオリティの高い妖怪がたくさん出てきます。

最初の1巻読んだときにちょっと怖くなって2巻にいくのを躊躇しました。

しかしですね。安心して下さい。

バカがつくほど真っ直ぐで正直者の「蒼月潮」は最強の槍を持ってるし、「妖怪とら」は強くて格好良くて炎や雷をだして退治してくれます。

ライ
ライ
獣の槍は何故最強なのか?が知りたい人は是非~

DRAGON QUEST ダイの大冒険
<完結済>

作者:原案 三条陸、作画 稲田浩司

DRAGON QUESTーダイの大冒険ー
created by Rinker

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:1989年~

大人気ゲームドラゴンクエストシリーズの世界観を元にした漫画で、ドラクエ好きならかなりの高確率でハマる作品です。

魅力的な仲間を増やしながら大魔王を倒す。その過程がものすごく面白いです。もちろんお馴染みの魔法「メラ」「ヒャド」なんかも出てきます。

特に魅力的なポイントとして「ゴールデンスライムのゴメちゃんが可愛い」

フー
フー
アバンストラッシュー

Harlem Beat(ハーレムビート)
<完結済>

作者:西山優里子

ハーレムビート
created by Rinker

掲載誌:週刊少年マガジン

連載開始:1994年~

バスケット漫画といえば一番最初に思い浮かぶのがスラムダンクではないでしょうか?スラムダンクは間違いなく名作ですね。

他にもあるんです。とても素敵なバスケット漫画が。

その名もHarlem Beat(ハーレムビート)☆

もちろん学校バスケットストーリーなのですが、入口が少し変わっていて、ストリートバスケット。いわゆる3on3のストーリーも混在しているんです。少し違った魅力も味わえます。

モチロンこの漫画にも、とっても魅力的なワードがたくさんでてきます。

その一つが「無敵のレイアップ」。無敵って聞くだけでワクワクが止まらないですね。

漫画の魅力の一つである現実ではありえない、キャプテン翼みたいな感覚で読めるバスケット漫画です♪

ライ
ライ
いつかエアウォークを決めてみたい!

光路郎
<完結済>

作者:村枝賢一

掲載誌:週刊少年サンデー増刊号

連載開始:1989年~

本作品は全7巻で繰り広げられる、学園もののハートフルコメディ。

物語は戦後の状況にある地方の学校に、日本・アメリカのハーフである光路郎が英語教師として赴任し、生徒たちと絡んでいきます。

特にかめはめ波を撃ったり、念能力を覚えたり、卍解したりする内容は一切ありません。

情に厚く喧嘩に強い主人公コウジロウが等身大のままぶつかっていく感じ。

絵も暖かい感じで、内容も暖かい感じ。基本的に1話完結型が多いので、読みやすいですよ♪

フー
フー
先生と呼ぶな、フーと呼べ!

スプリガン
<完結済>

作者:原作 たかしげ宙、作画 皆川亮二

掲載誌:週刊少年サンデー→週刊少年サンデー増刊

連載開始:1989年~

スプリガンという言葉をご存じですか?財宝を守る妖精みたいなイメージらしいです。

本作もその名の通り、超古代文明の遺産を封印して悪者から守るという特殊エージェントのことを指す呼称になってます。

このスプリガンの一人が主人公の御神苗 優(おみなえ ゆう)です。抜群に強くて格好いい。

さらに、古代文明の遺産を作中では「オーパーツ」と表現してるのですが、賢者の石・ノアの方舟・オリハルコンといったワクワクするような名前がたくさんでてきます。

ライ
ライ
特殊エージェントSPRIGGAN 超かっこいい♪

DEATH NOTE(デスノート)
<完結済>

作者:原作 大場つぐみ、作画:小畑健

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:2003年~

デスノートを使って人を罰する。ノートかよって思いますが、

それを使う主人公が超格好いい。使い方とか天才ですね。

主人公の名は「夜神 月(やがみ らいと)」。名前も格好いい。

実写映画では藤原竜也さん、ドラマでは窪田正孝さんが演じてます。

犯罪者を減らすために、自分自身が正しいと思う正義を信じて、主人公ライトがノートを使い犯罪者を罰する。犯罪者のいない新世界を作るために。

心優しくて頭のいい主人公ライトが人を超えた力を手にして変貌していく様が圧巻。絵が綺麗なのも◎♪

フー
フー
人を罰するデスノートの代わりに、人を幸せにするハッピーノートが欲しいかも♪

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章
<完結済>

作者:原案 川又千秋、作画 藤原カムイ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章
created by Rinker

掲載誌:月間少年ガンガン

連載開始:1991年~

映画版「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」が公開されてゲーム好き以外からも注目されているドラゴンクエスト。その先駆けの漫画が藤原カムイさんが書いた「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」

絵が見やすいうえに、内容がまさにドラクエ。

ロトの血をひく勇者とその仲間である「剣王(戦士)」「拳王(武道家)」「賢王(賢者)」と呼ばれる3ケン王との冒険で魔人を倒すという王道ストーリー。

勇者の名前がアルスというのも素敵ですし、ロトの紋章・王者の剣・光の玉・闇のオーブといったワクワクする言葉もたくさんでてきますよ☆

ドラクエ好きなら一度は読んでほしい作品ですね♪

ライ
ライ
魔法が使えるならルーラを使ってみたいな~♪

エム×ゼロ
<完結済>

作者:叶恭弘

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:2006年~

魔法が使える高校生のラブコメディ漫画。

しかし主人公は魔法が使えません。魔法の素質が無いにも関わらず、間違えられて魔法学園に入学することになりました。その原因が気になる女の子を追っかけたから。

しょっぱなからラブ感満載。

しかもこの漫画、ただ単に魔法が使えるのではなくて、マジックプレートなるものを使って魔法を使うんですが、主人公は魔法の素質が無いので普通のプレートは使えないんです。

ではどーやって学園生活を過ごすのかというと、「エムゼロプレート=魔力をもたないプレートで相手の魔法をキャンセルすることができる(条件付)」これを使って頑張ります。

ただし、これだけじゃないんです。

毎回主人公の九澄大賀の「頭脳」「機転」「ハッタリ」が、なかなか格好いい。

ちょっぴりドキドキワクワクの面白い漫画です♪

フー
フー
リアル世界で魔法を打ち消す能力持ってたら、一生気づかないままだろうな~☆

哲也 雀聖と呼ばれた男
<完結済>

作者:原案 さいふうめい、作画 星野泰視

哲也 〜雀聖と呼ばれた男〜
created by Rinker

掲載誌:週刊少年マガジン

連載開始:1997年~

麻雀漫画です。全く興味というか関心が無かった麻雀ですが本作を読んでスッゴイ興味がわきました。

過度なギャンブルはダメ絶対。ですが、

漫画でドキドキ感を楽しむのはイイ感じだと思います。(リアルで麻雀をやろうと思うと、場所・人・時間を調整するのが大変です☆)

でてくるほとんどの人が詐欺師というかイカサマ師です。

人を信じることは物凄く大事ですが、人を疑うことも物凄く大事だということを学べますね。だってでてくる人全員 怪しすぎるんだもーん。これも作者の魅せる力ですかね。

主人公は阿佐田 哲也(あさだ てつや)という名前で人並外れた強運の持ち主です。これを「天運」という表現にしているのも格好いい。

ライ
ライ
天運持ってたら、色々なことにチャレンジしてみたいな~☆

モンキーターン
<完結済>

作者:河合克敏

モンキーターン
created by Rinker

掲載誌:週刊少年サンデー

連載開始:1996年~

これは競艇漫画です。競艇って知ってます?

この本を読むまで競艇を知りませんでした。

競艇選手になるためには、まず養成所に入学し卒業することが必要。卒業の月には国家試験が行われるみたい。

競艇を漫画の題材にするって発想がスゴイし、内容も細かく描かれていて、とても魅力的で勉強になる作品。

この漫画が無ければ競艇を知ることは無かったな~。

リアルでは競艇をやったことは無いのですが、競艇選手のことを知れたのはスゴイ勉強になりました。

もちろん、ただ競艇を勉強するだけじゃなくて、主人公である波多野憲二(はたの けんじ)がライバル達との水面でのモータボートバトル。ヒロイン達とのラブも面白いですよ♪

知らないことを知れるというのは嬉しいし、漫画って本当に素晴らしいですね。

フー
フー
いつかはモーターボートにのってモンキーターンを決めたいぜ。

鋼の錬金術師
<完結済>

作者:荒川弘

鋼の錬金術師
created by Rinker

掲載誌:ガンガンコミックス

連載開始:2001年~

ハガレンという略称で親しまれている、錬金術師の漫画。

実写映画化もされており、山田涼介さんと本田翼さん等が出演されてます。(評判は賛否両論らしいですが)

かなりのダークファンタジーで主人公がかなりの波乱万丈な人生です。でも、主人公である兄弟二人のかけあいが素敵で魅力的な漫画です。

兄は国家錬金術師で名前はエドワード・エルリック。弟は魂で頑張るアルフォンスエルリック。

物語の根幹である様々な錬金術がとっても魅力的で、心に残るワードがこれです。

「等価交換 = 何かを得るには同等の対価が必要」

兄弟愛。兄は弟のために。弟は兄のために。何度でも読みたくなる漫画の一つです♪

ライ
ライ
伝説の賢者の石を求めて旅にでるか。いや。そんな勇気は無い!

幽遊白書
<完結済>

作者:冨樫義博

幽★遊★白書
created by Rinker

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:1990年~

HUNTER×HUNTERの作者で有名な冨樫さんの代表作。

単行本は全19巻なのに対し累計発行部数が驚異の5000万部を超えている。

数字があらわしている通り抜群に面白いです。

特に暗黒武術会編と魔界統一トーナメント編がおすすめです。

主人公である浦飯幽助の必殺技 霊丸(レイガン)を出すポーズはついつい真似したくなりますね。

仲間?である飛影の邪王炎殺黒龍波(じゃおうえんさつこくりゅうは)もメッチャ格好いいです。

仲間?である蔵馬は普段の姿は普通ですが、妖狐に変身した姿はめっちゃ格好いいです。

フー
フー
ひそかに魔界の扉編にでてくる「テリトリー(領域)」という設定も魅力的でした。

め組の大吾
<完結済>

作者:曽田正人

掲載誌:週刊少年サンデー

連載開始:1995年~

熱い漫画です。消防士の漫画ってほとんど見たことなかったのですがなんだろう。熱いです。

主人公の朝比奈大吾(あさひな だいご)が熱い男だからかもしれないし。親友?ライバル?の甘粕士郎(あまかす しろう)が熱い男だからかもしれないし。スゴイ熱くて面白いです。

この漫画で初めて知った言葉「ハイパーレスキュー」響きが格好いい。

リアル世界にも実在するみたいで東京消防庁の特別高度救助隊のことで通称Hyper Rescueというみたいです。

レスキューにハイパーがついてるんだから、すごいのは間違いない。

第一巻にでてくる名台詞
「よくガンバった!エラいぞ!!犬は無事かい?キミが助けたんだ。ガッツあるぜ!小さな消防士クン!!

ライ
ライ
ハイパーレスキューーーーーーーー♪

金色のガッシュ!!
<完結済>

作者:雷句誠

金色のガッシュ!!
created by Rinker

掲載誌:週刊少年サンデー

連載開始:2001年~

主人公で天才的な頭脳をもつ高嶺清麿(たかみねきよまろ)と、もう一人の主人公である魔物の子ガッシュ・ベル。

魔界の王を決める戦いに参加して「理想の王様」を目指すストーリー。

感動して泣けるシーンや、ギャグで笑ってしまうシーンが溢れてます。

主人公二人の掛け合いも面白くて、特にバルカン300という魅力的なキャラがでてくるシーンは必見。思わず笑顔になれますよ♪

本を使って戦闘するシーンも魅力的で、バディを組んで戦うというシステムも素晴らしい。新キャラ出てくるたびに2人(人間1人+魔物の子1人)でてくるので、めちゃくちゃキャラがたくさんでてきます。たまにどーやって考え付いたんだろうというキャラもチラホラ。

フー
フー
キャンチョメが「鉄のフォルゴレ」のテーマ曲を歌うたびに、立ち上がるフォルゴレも魅力的ですよ♪

湘南純愛組!
<完結済>

作者:藤沢とおる

掲載誌:週刊少年マガジン

連載開始:1990年~

GTOって知ってますか?有名ですよね。鬼塚英吉というヤンキー先生が主人公の漫画でグレートティーチャー鬼塚の略。TVドラマ化されて初代俳優は反町隆史さんが演じてましたね。

その主人公である鬼塚英吉(おにづかえいきち)と、GTOでは脇役ですが、本作ではもう一人の主人公である弾間龍二(だんまりゅうじ)のダブル主人公の友情物語。

内容はヤンキー漫画ですが、シリアスな描写とギャグの描写の絶妙な兼ね合いのストーリが面白く、しかも人情話がリアル世界と重なる部分を織り交ぜているためか、グッとストーリに引き込まれてしまいます。

ヤンキー漫画を語るなら外せないのが「鬼爆コンビ」の伝説ですね♪

ライ
ライ
フーライコンビもヨロシクだぜ!

武装錬金
<完結済>

作者:和月伸宏

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:2003年~

るろうに剣心の作者で有名な和月伸宏先生の作品でガラッと作風を変えてきてます。

本作の魅力は、錬金術が生み出した超常の合金である「核鉄(かくがね)」。

核鉄は使用者の精神に呼応して使用者ごとに異なる形状と特性をもった武装錬金へと変化します。

王道バトル漫画で多彩な武装錬金が魅力的な漫画ですが、最後は打ち切りという形で少し駆け足で終わってしまったのが残念な漫画です。

ただ、和月先生が書いており面白いのは間違いありませんので、違った和月先生を楽しんでみてはどうでしょうか。

フー
フー
和月先生は「るろうに剣心」の連載が終わったあとに、『GUN BLAZE WEST』という作品を連載したけど色々な条件が重なり見切り発車せざるえない状況で、早期打ち切りになったのをすごい後悔していて、その思いをぶつけた作品がこれだ!

賭博黙示録カイジ
<賭博黙示録編 完結済>

作者:福本伸行

賭博黙示録カイジ
created by Rinker

掲載誌:週刊ヤングマガジン

連載開始:1996年~

藤原竜也さんが主演で映画化されたのでご存じな方も多いかと思いますが、初めて見ても読み直しても、かなり面白いです。

当初は絵が苦手だったので敬遠してたのですが、読めば読むほど味がでてきて本当に面白いです。

リアル世界とリンクする部分もあるし、リアル世界では味わえないスリルもあり、騙したり・騙されたり人間の本質というか心理描写がとても面白いです。

色々な方がモノマネしている「キンキンに冷えてやがる」は名ゼリフですね♪

ライ
ライ
圧倒的閃き!読むしかない!!

MAJOR(メジャー)
<完結済>

作者:満田拓也

掲載誌:週刊少年サンデー

連載開始:1994年~

野球漫画といえば必ず名前があがる作品。プロ野球選手もファンになるぐらい魅力的な作品です。

野球漫画の中でもかなりの長編作で全78巻。リトルリーグ・中学校・高校・マイナーリーグ・メジャーリーグ等の様々な場面で「友情」「努力」が描かれています。

本作の最大の魅力である主人公 茂野吾郎(旧姓 本田吾郎)が仲間とともにどこまで成長していけるか!?ドキドキワクワクしながら楽しめますよ。

フー
フー
人生は山あり谷あり。主人公なかなかハードな背景ですが、努力は必ず報われる!!

スポンサーリンク

バクマン。
<完結済>

作者:原案 大場つぐみ、作画 小畑健

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:2008年~

デスノートで人気を博した名コンビが、漫画家を目指すW主人公の作品で再びタッグを組みました。

漫画家になりたい!漫画家になった人じゃないと知れないような内容等を知ることができる、とても魅力的な漫画です。

漫画家って絵が上手でストーリーを考えたりする二つの能力をもってないと漫画家になれないというイメージを根底から覆す二人の主人公コンビ。

絵が上手な真城最高。ストーリーを考えるのが得意な高木秋人。
2人の名前+αを掛け合わせた「亜城木夢叶」のペンネームで活動しプロの漫画家を目指します。

漫画の中で漫画家をめざすための漫画を描く。当時はとっても斬新でしたね。

2015年には真城最高=佐藤健さん、高木秋人=神木隆之介さんのW主演で映画化もされてましたね。

漫画家を目指す人なら必ず、目指さない人なら一度は目をとおすことをお勧めできる作品です♪

ライ
ライ
漫画家になるのも大変だけど、漫画家になってからもスゴイ大変。しかーし、目指せ夢の印税生活!!

ヒカルの碁
<完結済>

作者:原案 ほったゆみ、作画 小畑健

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:1999年~

「碁」の漫画です。

ルールも知らないし、知りたいと思ったことが無かったです。

でも、この漫画すごいんです。知らないから面白く無い。では無く、知らないから知りたくなるワクワクする漫画なんです。

週刊少年ジャンプといえば「ワンピース」「ハンターハンター」「トリコ」「ナルト」「ブリーチ」題名を聞くだけでワクワクするような王道バトル漫画が輝く中で、

「碁」の漫画なんです。

特に「悪魔の実を食べることもなく」「すべての食材に感謝することもなく」「忍術使うわけでもなく」「月牙天衝で相手を倒す」こともないんです。

盤面に碁石を置く姿で読者を魅了するんです。

この漫画が無ければ碁を知ることは無かったかもしれませんね。

漫画を描くうえで碁を主体で書くということがプラスなのかマイナスなのか分かりませんが、ストーリーやキャラ、絵の綺麗さが補って余りあるぐらい魅力的な作品ですね。

碁を打つことは無いですが、知れたことはこの漫画に感謝です♪

フー
フー
私はまだ・・・神の一手を極めていない。。。碁は打たないから当然か☆

GS美神 極楽大作戦!!
<完結済>

作者:椎名高志

GS美神 極楽大作戦!!
created by Rinker

掲載誌:週刊少年サンデー

連載開始:1991年~

ゴーストスイーパーというお金をもらって妖怪や悪霊等を退治する職業を生業としている主人公 美神令子

美人で強くて格好いい女性が主役の漫画の先駆けではないでしょうか。お金にこだわる性格でぶれない姿が素敵。

おもしろい漫画の重要な要素と言えば、魅力的なサブキャラ。

それが準主役の横島忠夫。「よこしま」という名は体を表すくらいの煩悩の塊です。何よりも煩悩を優先する姿勢がとても魅力的です。

ラブ要素もあるコメディ漫画 ゴーストスイーパーの世界観を一度味わってみてはどうでしょうか。

ライ
ライ
極楽にいかせてあげるぜ!

CLAYMORE(クレイモア)
<完結済>

作者:八木教広

掲載誌:月刊少年ジャンプ

連載開始:2001年~

半妖の女性を主人公にしたダークファンタジーの漫画。

「クレイモア」と呼ばれる半人半妖の女戦士達の信念や目的のために戦い続ける姿を描かれてます。

ダークな要素がかなり強めですが、強さを表すNo.制が魅力的で物語が進むにつれてでてくる上位No.のクレイモア。

このクレイモア達には通称がついていて、とても格好いい。

「微笑のテレサ」「風斬りのフローラ」「幻影のミリア」

「黒のアリシア」「神眼のガラテア」「流麗のヒステリア」

この勇猛果敢なNo.を超える力をもつ覚醒者。

独特な世界観で衝撃をうける内容ですが、とても魅力的な作品です♪

絵のせいなのか、メンバーの入れ替わりが激しいのか、登場人物が多いのか、なんのせいか分かりませんが、後半になればなるほど、名前と顔が一致しなくなってくるので要注意☆

読む場合は一気に読むことをお勧めします。

フー
フー
ゲームの場合だとクレイモアって大剣の名前に使われてることが多いけど、本作でもクレイモアと呼ばれる戦士たちの武器は「大剣」なんだぜ☆

GTO(ジーティーオー)
<完結済>

作者:藤沢とおる

掲載誌:週刊少年マガジン

連載開始:1997年~

作品タイトルの「GTO」はGreat Teacher Onizukaの頭文字をあわせたもの。

その名のとおりグレートなティーチャーだぜ鬼塚英吉!

こんな先生がいてくれれば良かったな~とは思えないぐらい破天荒な先生。でも漫画で読むなら最高に素敵な先生です。

本作は別漫画である湘南純愛組の主人公である鬼塚英吉のその後を描いた作品で、なかなか思い切った方向転換。

当時は伝説の暴走族、本作ではグレートな先生。

この異色な経歴からとんでもない方法で生徒達の悩みや問題等を解決していきます。

悩んでいる生徒の家の壁をぶっ壊して問題解決!名シーンですね。

GTOの人気が分かる一つの要素として、2度ドラマ化されてます。

1998年では反町隆史さんと、松嶋奈々子さんで。

2012年ではEXILE AKIRAさんと、瀧本美織さん(1期)・比嘉愛未さん(2期)で。

人気ぶりがうかがえますね♪

ライ
ライ
教頭先生のクレスタ何回修理したんだろう?ぜひカウントしてみてね☆

レベルE
<完結済>

作者:冨樫義博

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:1995年~

幽遊白書、ハンターハンターの作者である冨樫さんの三作目の作品。

SF漫画で主人公がバカ王子。

全3巻(コミック文庫上下巻)と短い中にギュッと詰まった内容が魅力。

幽遊白書やハンターハンターと全く違ったテイストになっており、冨樫さんが本当に書きたいのはこういう漫画なんだろうなぁと思ってしまう内容が詰まっている漫画だと思います。

フー
フー
好き嫌いが分かれる漫画なので絶対おススメという訳ではないですが、冨樫ファンなら一度は読んでみるのもありだと思います♪

暗殺教室
<完結済>

作者:松井優征

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:2012年~

教室という題名から想像できるとおり、学園ものです。

学園ものなんですが、主人公 兼 先生がコロせんせーという地球外生命体です。

特徴は超マッハで動くことができます。その機動力の高さで色々な問題を解決していきます。

本作は映画化もされて、山田涼介さんやコロせんせーの声優役 & 死神役で二宮和成さんが出演されています。

本作は生徒が成長していく目的が斬新で最初を読むと、一番最後がどーしても気になってしまう魅力的な作品です。

生徒は先生を暗殺できるのかな?

ライ
ライ
タコになるのは嫌だけど、超マッハで移動できるのは羨ましいな~。成功報酬100億円も魅力的!

BLEACH(ブリーチ)
<完結済>

作者:久保帯人

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:2001年~

ブリーチは死神代行バトル漫画です。

最初は普通に面白いぐらいの漫画でしたが、絵が綺麗で読みやすかったので魅力と可能性は満点でした。

さらに霊界・尸魂界(ソウル・ソサエティ)編からメチャクチャ面白くなります。

護廷十三隊という組織がでてくるのですが、各隊の隊長がスゴイ魅力的。

とくに、十一番隊隊長 更木剣八(ざらきけんぱち)は圧倒的強さ。強さを求める姿。めちゃくちゃ格好いいですよ。

もちろん主人公の黒崎一護(くろさきいちご)も魅力的で特に卍解(ばんかい)を覚えてルキア助けにきたシーンは鬼格好いいの間違いなし。

なお、本作は圧倒的な人気に伴い実写映画化もされてます。

主人公が福士蒼汰さん。サブに杉咲花さん。吉沢亮さん等も出演されています。

フー
フー
見せてやるよ。これが最後の月牙天衝だーーーーーー。

マギ
<完結済>

作者:大高忍

掲載誌:週刊少年サンデー

連載開始:2009年~

本作は魔法冒険漫画。ファンタジー前回の超壮大なストーリが魅力です。

本作はマギ、アリババ、モルジアナの三人とシンドバット等の魅力的なキャラ達が様々な展開を魅せてくれます。

マギは小さいのに芯がしっかりしていて、友達ウーゴ君の正体が気になりますよ。

アリババは良い意味でも悪い意味でも人間味あふれているキャラで、全身魔装をしているときは格好いい。

モルジアナはかなり悲しい背景を持っているけど強くて可愛い女の子。恋は実るのかな?

シンドバットは全体的に格好いい。

通称「七海の覇王」。シンドリア王国の国王で七海連合の長。圧倒的強さを誇っており、この人が主人公でいいんじゃない?そうすれば世界は平和になるんじゃない?ってぐらい圧倒的なキャラ。

ライ
ライ
雷光剣(バララークサイカ)をくらってみるかい!

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)
<完結済>

作者:真島ヒロ

掲載誌:週刊少年マガジン

連載開始:2006年~

男性・女性とわず誰でもみんな魅力を感じる言葉「ギルド」。

本作では魔導士ギルドと呼ばれる複数のギルドが存在しており、

主人公は「妖精の尻尾」と書いてフェアリーテイルと読むギルドに所属してます。

本作品は主人公も魅力たっぷりですが、仲間キャラも魅力満点です。

主人公ナツは乗り物に弱いけど魔法が「ドラゴンスレイヤー」!

ライバルで親友のグレイはスグに服を抜ぐけど魔法は「氷の造形魔法&滅悪魔導士」!

初期からズーっと出続ける最強の女戦士エルザ。魔法は換装!この換装は魅力満点です!!

ルーシィーとハッピーのからみも最高です♪

フー
フー
ハッピーは猫なの?天使なの?猫天使なの??

BLOODY MONDAY(ブラッディマンデイ)
<完結済>

作者:原作 龍門諒、作画 恵広史

掲載誌:週刊少年マガジン

連載開始:2007年~

パソコン好きなら一度は憧れるハッカー。

主人公は天才的なハッキング能力を持っており、正体不明のカリスマハッカー通称「ファルコン」こと高木藤丸。

テロリスト VS ハッカー。裏切りの連続からなる王道のサスペンス。

この二つを重ねたストーリは魅力満点です♪

なお、本作は人気だったため主人公を三浦春馬さん、サブで川島海荷さん、佐藤健さん、吉瀬美智子さん等が出演者としてテレビドラマ化されてます。

漫画・TVドラマどちらも面白いのでぜひ♪

ライ
ライ
誰も想像できないことを、パソコン一つでやってのける力を持っているんだぜ!ファルコーーーン!

ARMS(アームズ)
<完結済>

作者:皆川亮二、原案協力:七月鏡一

掲載誌:週刊少年サンデー

連載開始:1997年~

読むと分かりますが、格好いい漫画です。

絵がとても魅力的でバトルシーンも素敵。

主人公の高槻涼、準主人公の新宮隼人、巴武士、久留間恵の4人の各部位に移植された「ARMS」という兵器を元にストーリは展開していきます。

高槻涼 「魔獣=ジャバウォック」、 新宮隼人 「騎士=ナイト」、 巴武士 「白兎=ホワイトラビット」、 久留間恵 「ハートの女王=クイーン・オブ・ハート」

不思議の国のアリスを想像させる名称も印象的。

本作は、名作漫画スプリガンと同一作者で、さらに進撃の巨人の作者が最も影響をうけた作品としても公表しています。

面白く無いわけがないと思いませんか?

是非お勧めですよ♪

フー
フー
力が欲しいか。力が欲しいのならくれてやろう!!

シュート
<完結済>

作者:大島司

掲載誌:週刊少年マガジン

連載開始:1990年~

サッカー漫画の名作ですね。かなり面白い。

天才こと久保嘉晴が主人公である田仲俊彦に言ったセリフがやばいくらい格好いい。

「トシ_サッカー好きか?」

・・・。あれ?背景が分からない状態で聞くと普通の言葉のような気がするのは気のせい?めっちゃ格好良かったけどなー。ぜひ読んで漫画にハマった段階でぜひこの言葉をもう一度見てほしい。

主人公の田仲俊彦(たなか としひこ)は「幻の左」このシーンを見たらメッチャ好きになります。

幼馴染で天才の平松和広(ひらまつ かずひろ)の得意技はヒールリフト「ダブルヒール」「トリプルヒール」は圧巻ですよ。

もう一人の幼馴染である白石健二(しらいし けんじ)はGKで、この3人が揃うと必殺の「トリプルカウンターアタック」を仕掛けることができます。

更に久保嘉晴の名言「健二。ボールをくれ。1点とる!」

このシーンを是非見てほしいと思います。

ライ
ライ
ボールを持ったら観客全てが自分を見ていると思え。そして一歩でもゴールへ近づけろ!

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-
<完結済>

作者:和月伸宏

るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚ー
created by Rinker

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:1994年~

伝説の人斬り抜刀斎と呼ばれた主人公が逆刃刀を持って不殺を誓い世直しをしていくストーリー。

主人公が圧倒的に強くて格好いいです。その名も緋村剣心!

技も響きが素敵で、飛天御剣流奥義:天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)!

特におすすめは京都編と呼ばれる、志々雄一派と戦うストーリーが面白い。

倒すべき相手は十本刀(政府要人暗殺を目的とした精鋭部隊)。

敵も味方も魅力的なキャラがたくさん出てきますのでぜひ♪

あと、本作は映画化もされており、主人公を佐藤健さんが演じていて3本も公開されてます。

剣心の師匠が主役でもいいような気がする。。。

フー
フー
「剣と心を賭してこの闘いの人生を完遂する!」それがフーが見出した答でござる

PSYREN(サイレン)
<完結済>

作者:岩代俊明

PSYRENーサイレンー
created by Rinker

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:2008年~

異能力バトル漫画!絵も綺麗で読みやすい。さらに能力がかなり格好いい。

主人公である夜科アゲハ(よしな あげは)の能力

「暴王の月(メルゼズ・ドア) 」さすが主人公!ってぐらい格好いいです。

作中にでてくるキーワードの一つが「テレホンカード」ってところが渋いですね。公衆電話なんてほとんど見なくなりましたけど。

最終回に向けては駆け足になってしまった作品ですが、面白いのは間違いないので一度目を通してみてはどうでしょうか。

ライ
ライ
サイレンの真実をつきとめた者に5億円の懸賞金!未使用のテレカには500万円の値がつくぜ!!

アイシールド21
<完結済>

作者:原作 稲垣理一郎、作画 村田雄介

アイシールド21
created by Rinker

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:2005年~

アメフト漫画です。

アメフト=アメリカンフットボールの略称なんですが、この漫画を読むまではアメフトとラグビーは同じなのかなーというイメージでした。

野球とベースボールの違いみたいなもんかなーと。

実は別のスポーツだったんですね。ラグビーはイギリス?が起源で防具をつけません。アメフトはアメリカが起源?で防具をつけてます。

本作はアメフトの方なので防具をつけて戦います。主人公のヘッドギアがタイトルのルーツ!アイシールド!!

現実主義者で天才的な頭脳の持ち主で司令塔の蛭魔妖一

圧倒的な速さを誇る主人公でアイシールドの小早川瀬那

この二人が作り出すスポーツ青春物語を一度読んでみてはどうでしょう?

フー
フー
パワーが重視されるアメフトの世界でスピード特化型主人公の活躍はいかに!?高速のランニングバックとはワイのことや!

I”s
<完結済>

作者:桂正和

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:1997年~

高校生の青春恋愛漫画。言葉で書くとありきたりですが、

内容を読むと抜群に面白いです。

イニシャルIがつく人がたくさん出てきますが、ほぼ全員魅力的なキャラです。

主人公の名前もモチロン瀬戸一貴(せといちたか)でイニシャルIです。

ヒロイン含め魅力的な女性がたくさんでてくるのですが、女性の描写が抜群にうまい。たぶん神レベルに女性描写がうまい。

ドキドキワクワクすること間違いなしの漫画です。

ライ
ライ
メチャメチャ魅力的な女性キャラがたくさん出てきます!あなたはどの子がタイプかな?♪

封神演義
<完結済>

作者:藤崎竜

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:1996年~

主人公 太公望(タイコウボウ)、霊獣 四不象(スープーシャン)がおりなす仙人界大戦物語。

最終的には壮大すぎて地球全体、宇宙まで・・・。

魅力的なサブキャラが多数でてくるところも面白いんですが、一番の醍醐味と言えば間違いなく「宝貝」です!

「宝貝(パオペエ)」=本作に登場する仙人等の武器

使用することで奇跡的な力を発揮することができます。

その中でも特に凄いのがスーパー宝貝と呼ばれて世界に7つ存在します。

キャラも武器も最高に素敵ですよ♪

フー
フー
宝貝使うと精気吸い取られるけど1個欲しい~。スープシャンでもいいなぁ~。

俺たちのフィールド
<完結済>

作者:村枝賢一

俺たちのフィールド
created by Rinker

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:1992年~

サッカー漫画と言えば数知れずありますが、その中でも絵と熱量が魅力的な作品です。

主人公 高杉 和也(たかすぎ かずや)が圧倒的に魅力的!

最初は小学生編でやや重めの背景が描かれており、あるきっかけでサッカーを止めてしまうんですが、

高校2年生になったとき、またあるきっかけでサッカーを再開します。

ここから怒涛のように俺フィーワールドにはまっていくこと間違い無し。

メチャクチャ熱いですよ!

フー
フー
村枝先生の絵は人間味が溢れていて読みやすいこと間違いなし♪

結界師
<完結済>

作者:田辺イエロウ

掲載誌:週刊少年サンデー

連載開始:2003年~

結界師って聞くと何を思い浮かべます?結界をはる人?

タイトルからして興味をくすぐってきます。

本作の結果師と呼ばれるキャラはいわゆる妖(あやかし)退治の専門家達です。

主人公 墨村良守(すみむらよしもり)
ヒロインで幼馴染 雪村時音(ゆきむらときね)

主人公が14歳の設定なので、中学生らしさ?がチョイチョイでてきます。

2人とも結界師で妖を退治しまくります。最初は王道の異能バトル漫画みたいな感じでしたが、ドンドンダークゾーンに突入していきます。

主人公のお兄ちゃんに至っては謎=お兄ちゃんと呼んでも過言では無いかもしれないぐらいダーク全開です。

さらに最後は賛否両論の展開待っています。

ストーリー的には色々と考えさせられるかもしれないけど、バトルシーンは格好いいですよ♪一度読んでみてはどうでしょ~。

フー
フー
間流結界術 方位・定礎・結・滅!

スポンサーリンク

金田一少年の事件簿
<完結済>

作者:原作 天樹征丸、作画 さとうふみや

金田一少年の事件簿 File1
created by Rinker

掲載誌:週刊少年マガジン

連載開始:1992年~

ミステリー漫画好きなら知らない人はいない作品?

「じっちゃんの名にかけて」でお馴染みの金田一少年。

この漫画の人気が凄すぎて、テレビドラマ化されてから何度もリメイクされて、全てジャニーズタレントが主人公を演じています。

初代:キンキキッズ 堂本剛さん。2代目:嵐 松本潤さん。
3代目:カトゥーン 亀梨和也さん。4代目:平成ジャンプ 山田涼介さん。

キャストを見ると力が入っていることが分かりますね。

もちろん謎解きが素晴らしく読者参加型?みたいに金田一少年と一緒に犯人を推理していく感じが素晴らしい。

さらに犯人の狂気性がスゴイ。なかなか狂気じみてて夜中にトイレに行けなくなるようなストーリも多数。

じっちゃんの名にかけて読むことをお勧めするぜ♪

モグ
モグ
謎は全てとけた。これは読むべき漫画だ!一人で読むときは明るい時に読んだ方がいいぜ!!

BLACK CAT
<完結済>

作者:矢吹健太朗

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:2000年~

絵とガンアクションが魅力な漫画。

女の子の絵がどんどん上手になっていっていきます。

あらすじ

「秘密結社クロノス」に暗殺者としての優れた才能を認められ、クロノスの精鋭部隊ナンバーズ特例の13人目として採用された、トレイン=ハートネットは、抹殺者(イレイザー)として暗躍し、裏の世界では、通称「ブラック・キャット」と呼ばれていた。
ある日、彼は掃除屋のミナツキ=サヤと出会い、彼女の影響から組織の暗殺者を辞めて、掃除屋として生活しようとする。しかし、それを快しとしないクロノスでの相棒・クリード=ディスケンスにより、サヤを殺されたトレインは掃除屋として、クリード率いる狂気の革命集団「星の使徒」との壮絶な戦いに身を投じていく。

引用元:Wikipedia

あらすじ見るとドキワクなんですが、全体的に少し物足りない感じも。でも絵が魅力的で纏まりのある漫画なので一度目を通してみてはどうでしょうか。

フー
フー
「自分を飼い馴らせるのは自分だけ」という信条の表れで鈴付きのチョーカーしてるらしい~。格好いいじゃん!

魔人探偵脳噛ネウロ
<完結済>

作者:松井優征

魔人探偵脳噛ネウロ
created by Rinker

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:2005年~

タイトルに探偵とついているので、コナン君や金田一少年を思い浮かべるかもしれませんが、主人公がドSな魔人です。

最初は絵が苦手だったので流し読み程度でしたが、だんだん絵になれてくると、

なにげにブラックジョーク的な感じで主役の魔人がヒロインや犯人をいたぶっていく感じが面白かったです。

好き嫌いがハッキリわかれる漫画ですが、週刊少年ジャンプ連載時の最終回では読者アンケート1位をとった本作を一度読んでみてはどうでしょうか~。

ライ
ライ
魔界777ツ能力・魔帝7ツ兵器!気になった人は要チェック!!

NARUTO-ナルトー
<完結済>

作者:岸本斉史

NARUTOーナルトー
created by Rinker

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:1999年~

忍者漫画といえば必ず名前があがってくる本作。

累計発行部数は2億越え。

忍者漫画だけあって、バトルシーンの様々な忍術は魅力的。

全72巻の超大作となっているので、笑いあり涙あり感動ありといった色々なことがつまっています。

日本=忍者というイメージが根強い海外での人気も抜群に高い。

週刊少年ジャンプの黄金時代を支えた作品読んでみてはどうでしょうか。

面白いですよ♪

スタリン
スタリン
主人公ナルトの多重影分身。吾輩も使いたいでアール!

GetBackers-奪還屋
<完結済>

作者:原作 青樹佑夜、作画 綾峰欄人

GetBackers-奪還屋-
created by Rinker

掲載誌:週刊少年マガジン

連載開始:1999年~

美堂蛮(みどう ばん)と天野銀次(あまの ぎんじ)のダブル主役による厨二病全回の漫画。

「邪眼」「蛇咬」「アスクレピオス(蛇遣い座)」「悪魔の腕(デモンズアーム)」

「雷帝」「ブラッディ・レイン」「百獣擬態」「VOODOO CHILD(ブードゥーチャイルド)」「聖痕(スティグマ)」

気になった言葉があったら是非チャレンジしてみてね♪

フー
フー
1分間の幻を見せてやるぜ!

神のみぞ知るセカイ
<完結済>

作者:若木民喜

神のみぞ知るセカイ
created by Rinker

掲載誌:週刊少年サンデー

連載開始:2008年~

主人公である桂木桂馬が様々なタイプの女性を口説き落としていく漫画です。

恋愛シミュレーションゲームの腕前が半端なく落とし神と呼ばれる主人公でゲームの女の子にしか興味がない。

そんな主人公がひょんなことから、人間の女の子を攻略し落としていく内容。

サンデーって感じの女の子の描き方で色々なタイプの女の子がでてきます。

ゲーム感覚で人間の女の子を攻略することはできるのか!?

ライ
ライ
ラブコメ好きなら一度は読んでみてね♪

黒子のバスケ
<完結済>

作者:藤巻忠俊

黒子のバスケ
created by Rinker

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:2009年~

スラムダンクとは真逆のバスケット漫画です。

主人公がガンガン得点していくのではなく、主にサポート役。

奇跡の世代と呼ばれる5人のプレーヤー達がメッチャ目立つ。しかも全員必殺技を持ってます。

「完全無欠の模倣」「超長距離3Pシュート」「型のないシュート」「破壊の鉄鎚」「天帝の眼」等々

そして主人公である黒子 テツヤも奇跡の世代なんですが、幻の6人目扱いです。。。

でもしっかり必殺技も持ってます♪

視線誘導=ミスディレクション!

色々な技がバスケットのコートの中でどのようなことになるのかワクワクが止まらないですね。

リアルバスケとはかけはなれますが、最初からバトル漫画バスケとして読めばかなり楽しめますよ♪

モグ
モグ
黒子のバスケを読んでゾーンに入ろ~♪

遊戯王
<完結済>

作者:高橋和希

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:1996年~

さすが遊戯の王というタイトルだけあって、本作にでてくるゲームはどれも魅力的。

その中でも特にカードゲームは並外れた魅力をもっており、世界一販売枚数の多いトレーディング・カードゲームとしてギネス認定されています。

2011年時点で251億枚を販売。

漫画の中にでてくるカードゲームがリアル世界のカードゲームとして当たり前になっているスゴイ作品ですね。

今ではカードゲーム・デュエルというワードを聞くと遊戯王という名前が当たり前にでてきますね。

スタリン
スタリン
青眼の白龍(ブルーアイズホワイトドラゴン)召喚!!

ろくでなしBLUES
<完結済>

作者:森田まさのり

ろくでなしBLUES
created by Rinker

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:1988年~

ヤンキー漫画といえば間違いなく名前があがるのがろくでなしブルース。

主人公の前田太尊(まえだ たいそん)、当時ヘビー級の頂点に君臨していた最強のボクサー マイク・タイソンの名前が由来ぽい。

帝拳高校に通っている圧倒的な強さを誇る番長。

そして、圧倒的な魅力を誇るライバル達。

東京四天王のひとり、渋谷の鬼塚

東京四天王のひとり、浅草の薬師寺

東京四天王のひとり、池袋の葛西

モチロン仲間たちも魅力的で超面白いので是非オススメですよ♪

フー
フー
信頼が力をくれんだよ!

BOY
<完結済>

作者:梅澤春人

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:1992年~

ジャンプ黄金期と呼ばれている時代にも安定した人気をもち、アニメ化までされたヤンキー漫画。

主人公である高校生の日々野晴矢(ひびのはれるや)が悪者をぶっ飛ばす。

主人公が無敵な漫画ってのはスカッとしますね。

背中からバットをだす描写はクセになりますよ~♪

ライ
ライ
無敵!っていうワードはいつの時代も魅力的!!

シャーマンキング
<完結済>

作者:武井宏之

SHAMAN KING 〜シャーマンキング〜
created by Rinker

掲載誌:週刊少年ジャンプ

連載開始:1998年~

主人公 麻倉葉(あさくらよう)がシャーマンキングを目指すストーリー。

本作でのシャーマンというのは霊等と交流できる不思議な能力を持った人達の総称で、その中の王様を目指します。

本作は色々とあって、集英社でミカンのまま終わってしまい、講談社から完全版として出版されているという少し異例の漫画。

作者ご本人も無念の打ち切りだったらしく、最終回の扉絵では主人公がミカン=未完を持った絵になってます。

ただ作者・ファンの思いが強くて、現在では完全版のあとに、

SHAMAN KING THE SUPER STARとよばれる、

続編?新章?なるものが出版されています。

是非終わらない物語を体験してみてはどうでしょうか~。

モグ
モグ
人間嫌い?苦手?な主人公が人間を守ることが出来るのか!?

スポンサーリンク

こんな記事もおすすめ