デイリーシンク(雑多な記事)

新しい言葉Daily Thinkという名の雑多な記事☆

雑多な記事 アイキャッチ

ブログの魅力の一つである「雑記。」

ネット界隈では結構メジャーな言葉ッポイですが、当初知りませんでした。

雑記=雑な記事?みたいなイメージを持ってました。

「雑」という言葉のイメージが大雑把とか、いいかげんとか、適当とかに感じてしまい物凄く抵抗感が。。。

[名]いろいろなものが入りまじっていること。区別しにくい事柄を集めたもの。「雑の部」「雑収入」
[形動]大まかで、いいかげんなさま。ていねいでないさま。粗雑。粗末。「雑な仕事」「雑に扱う」

出典:デジタル大辞泉

今度は「雑」じゃなくて「雑記」でググってみると、

雑記帳(ざっきちょう)とは一般には他人が読んでも構わない程度の個人の感想や意見などを記載するものである。

出典:Wikipedia

そうです。雑な記事ではなくて、雑多な記事なんだと思います。

雑多とは、いろいろなものが入りまじっていること。

出典:goo辞書

ブログの魅力の一つである、雑記とは雑多な記事。

色々なことを個人の感想や意見をふまえて様々な事柄を記載する。日記的なものなんじゃないかな~と。

せっかくなので、新しい言葉にチャレンジ☆

自分の自由な表現ができる場所=ブログ

素敵ですね~。

雑記 → 雑多な記事 → 日記 → 日々の記録 → 日々の想い → 日々=Daily → 想い=Think

Daily-Think(雑多な記事)

今後は、日々の出来事や備忘録。感じたことや思ったこと等を気ままに記事にしていこうと思います。

生きているとインプットすることはたくさんありますが、アウトプットする機会って案外少ないんですよね。

自分が知っていること。教えたいことは、相手が知らないこと。知りたいこととは違うからですよね。

同僚との出来事。

このあいだ、美味しいラーメン屋さんを発見したので同僚A・Bに教えてあげました。

同僚Aはラーメンが好きだったので場所や味等をグイグイ聞いてきてくれて良いコミュニケーションがとれました。

同僚Bはラーメンに興味がなかったので「そーなんですかー」で話題終了~。

自分が発見したことや体験したことはツイツイ人に話したくなるし、相手にも同じテンションで聞いてほしいという欲がでてきてしまいます。

同僚Aの反応は気持ちが良かったし。同僚Bの反応はもう少し食いついてきて欲しいなぁと感じてしまいました。

その点、ブログは相手に無理に聞いてもらうということがないので、好きな時に自由にアウトプットしておいて、興味のある方に見てもらうというスタイルなので、とても素敵なことだと感じています。

まとめ

Daily-Think(デイリーシンク)でまったりペースで自由に記載していきたいと思いますので、興味がありましたら閲覧の程よろしくお願いします~。

スポンサーリンク

こんな記事もおすすめ