料理セレクト

無煙卓上調理器グラファイトグリラーで極厚ステーキ&ラムチョップを焼く!

アラジン グラファイトグリラー ステーキ&ラムチョップ アイキャッチ

アラジン グラファイトグリラーで次なる挑戦に選んだ食材は、

極厚ステーキとラムチョップです。

ステーキは極厚?なのか横に大きいのか疑問ですがデカいです。

そしてラムチョップ。

ラムチョップをまさか買う日が来るとは思いませんでしたが、買ってみちゃいました。

ラムは羊なのは知っているのですが、チョップというとプロレス技?しか思いつきません。それも手を水平にして相手に叩きつける感じ?

ラムがチョップするのかな?という訳で豆知識。

ラム
羊の肉である。生後およそ12か月以下の子羊の肉はラム、それよりも年をとった羊の肉は日本ではマトンと呼ばれる。ただし厳密には、永久門歯の有無により区別される。

チョップ(英語: meat chop)
食肉をあばら骨ごとにカットしたもの。チャップとも表記される。単に厚切り肉を指すこともあるが、肋骨にばら肉、ロースが付いた状態の肉を指すことが多い。

引用元:Wikipedia

ラムとチョップという単語が合体して、ラムチョップ。

すこし賢くなったような気がします。明日には忘れる予感しかしませんが。

まさか我が家の食卓にラムチョップがでてくるとは思いませんでしたが、無煙卓上調理器グラファイトグリラーを購入したからには新しい食材にチャレンジしたくてたまりません。

ではレッツチャレンジ♪

スポンサーリンク

用意した食材

極厚ステーキ

極厚なのか横に大きいのかは人それぞれですが大きいです。

ステーキ1
ステーキ2

焼肉とステーキの大きな違いと言えば焼く肉のサイズ感ですよね。でかい肉の方が写真に迫力がありますね。

ラムチョップ

自宅で食べる初めての羊肉。

羊肉1

結構小さいんですが、なかなかイイお値段するんですねラムって。。。

羊肉2

そして今回ラム肉には別記事紹介している激うまスパイスをかけてみました。

このスパイスをかけるとお肉がメチャクチャ美味しくなるんですよ。是非おすすめです!

途中経過(焼き具合)

極厚ステーキ

ステーキ3

プレートにのせたところです。遠赤グラファイトで色味がすごい。

ステーキ4
ステーキ5

お肉のアップ写真は美味しそうの一言ですね。

だいたい5分~7分ぐらいで片面完了。

ステーキ6

で、裏返してまた5分~7分ぐらいで焼き上がり。

でかいので上下左右と適宜動かすことが必要です。

ラムチョップ

羊肉3

プレートにのせたところです。

羊肉4

5分ぐらいで裏返し~。ラムってどれくらい焼けばいいんだろう。。。

羊肉5

裏返してからさらに5分ぐらいで焼き上がり。

豚みたいによく焼いた方がいいのか?それても牛みたいに適度でいいのか?まぁ遠赤グラファイトは中からしっかり加熱されるので大丈夫か。

それにしてもおいしそう。

余談(グリルプレートはヨク焦げる)

ラムチョップをのせてるグリルプレートをよく見てもらえば分かるかと思いますが、ステーキを先に焼いたのですが、100%焦げがつきます。そしてその焦げを取るのがかなり大変。

フーライはこれを我慢することが出来なくなり、使わなくなってたんです。洗うのがめんどくさすぎて。

でもね。これは廉価版プレートだからだって気づいたのですぐにマジックプレートを購入しました。そしたら見事に解決&毎週アラジングラファイトグリラーを使うように戻りました。

完成

極厚ステーキ

ステーキ7

見事に焼けてます。メッチャ美味しそう。

ステーキ8

さすがグラファイトグリラー!中もしっかり焼けてますね♪

おまけ

ステーキ9

綺麗に切ったものを写真におさめようと思い、切り刻んでみましたが想像していたイメージにはならず、あえなく撮影を断念。

ステーキ10

そんなこんなしていると冷めてしまったので、再度加熱して食べました~。。。それでもばっちり美味しかったですよ♪

冷めてもすぐにあたためなおすことが出来るのがグラファイトグリラーのいいところです。

ステーキの醍醐味と言えばタレ!

キッコーマン食品 ステーキしょうゆ にんにく風味

ステーキタレ1
ステーキタレ2

ステーキしょうゆニンニク風味!

「ステーキ」と「しょうゆ」と「にんにく」が合体すれば美味しくない訳がない。というか、間違いなく美味しいに決まってますよね♪

たれは普通の焼肉のたれより、あっさりとさらっとした感じです。

フンドーキン醤油(株) レモンステーキのたれ

レモンステーキタレ1
レモンステーキタレ2

初めてのレモンステーキのたれを購入してみました。サラッとした感じのタレでした。

肉って食べれば食べるだけ脂が胃袋に攻め込んできますよね。でも、このレモンステーキのたれをつけると、

口の中が一気にさわやか全開になります。もちろん。ステーキだけじゃなくて焼肉や牛タンにもおすすめできるタレです。

何と言っても価格が安くて、購入して失敗しても我慢できる金額なので、一度チャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

ラムチョップ

羊肉6

無事に完成!自宅でラムチョップ!!

かなりうまい。普段、焼肉しているときでも牛・豚・鳥はよくあるし、色々な部位(タンやホルモン、カルビやロース)も食べるけど、

羊肉を自宅で焼くのは初めてでした。臭いのかな?ってイメージもありましたが、そんなことはありませんでした。

必殺の激うまスパイスが美味しいのかラムチョップ自体が美味しいのか分かりませんが、いずれにしろ美味しかったので、是非一度チャレンジしてみてはどうでしょうか~♪

誰かの参考になれば幸いです~。

グラファイトグリラー本体レビュー

ノンフライヤーも便利です

卓上で家焼肉 ザイグルもおすすめ

スポンサーリンク