料理セレクト

煙が出ない絶品ししゃも食べたくない?無煙ロースターザイグルで調理!

ザイグルでししゃも アイキャッチ

毎週食卓に登場するザイグル

次なる魚は料理は「ししゃも」です!

ただ、ししゃもはレシピも特に何にもないので、ただ焼きます。

モチロン煙はホボ出ません。

魚と言えばししゃもよりも秋刀魚と言う方はこちらをどーぞ♪

ザイグルは煙がホボ出ず、後片付けも楽だし、赤外線効果で炭火焼きで焼いた感じになるはずだから、おすすめですよ~。

ではレッツチャレンジ♪

作り方

1.ししゃもを準備

カラフトししゃも

カラフトししゃもです。

2.ザイグルを予熱する

まずプレートを温めるために予熱します。

これが美味しく焼くためのコツです!

3.プレートに乗せます

ししゃも8匹乗せても反対側が同じスペース分空いているので、焼けるのを待ってる間に、野菜やソーセージ等のスグ焼けるものを一緒に焼くのもいいですよ。惣菜を温めるのにも便利。

◇乗せたところ

ザイグルプレートにししゃもを乗せたところ

◇約5分後

プレートに乗せて約5分後のししゃも

熱が入っていてじわじわと焼けてきています。

◇約8分後

プレートに乗せて約8分後のししゃも

裏返してみました。ばっちりいい焼け目がついています。

◇約12分後

プレートに乗せて約10分後のししゃも

とっても美味しそうに焼けてます。

ザイグルのつまみを回して、ししゃもを乗せるだけの簡単調理!

調理?かは分かりませんが美味しければ問題無し!

4.焼き上がり(完成)

焼きあがったししゃも
ししゃも切ってみた

せっかくなので、写真撮影用に真ん中を切ってみました。

どうでしょう?中までしっかり焼けて美味しそうじゃないですか?

ザイグルで焼くししゃもは美味しい!

煙が少ししか出ないのは最高ですね。

テーブルで魚を焼くのも楽しいですよ。

ザイグルはプレートが大きいので魚が焼けるのを待ってる間に、空いている場所で野菜やウィンナーも焼けますし♪

やはり煙が出にくいってところは魚を焼くうえで、かなり嬉しいポイントです。

さらに赤外線の力で内側からじっくり焼いていくので、中はふっくらしていて外側は焦げにくく、とても美味しく調理できます。

しっかり予熱してから焼くと、裏返さなくても両面焼けますし、もし心配だったら裏返して焼いても大丈夫です。

フライパンやグリルで焼く「ししゃも」もおいしいですが、ザイグルで焼く「ししゃも」もおいしいですよ。

是非チャレンジしてみてはどうでしょうか~。

ししゃもの魅力

ししゃもには、カルシウム・ビタミンB2・セレン・DHA・EPA なども含まれており、頭から尾までまるごと食べれるので、栄養素を効率的に摂ることが出来ます。
ただ、コレステロールが多いので食べすぎには注意です。

一般的によく見る「子持ちししゃも」として売られているのは「カラフトししゃも」が多く、国産のししゃもは「本ししゃも」とも呼ばれています。

北海道の鵡川が有名で「むかわししゃも」がブランド化されています。

10月~11月に漁が行われ、この時期に「ししゃも祭り」が開催されています。

「ししゃも寿司」というものもあり、刺身でししゃも食べれるんですね。どんな味なんだろう。

ちょうど、祭りが開催される日に行ければ食べてみたいですね。

ザイグルで調理した料理まとめました

ザイグルは肉の調理もオススメです

「カラーラ」知ってますか?チャーシュー簡単に作れました

「鬼滅の刃」おすすめです

スポンサーリンク